FC2ブログ

蛇足

目を覚ましたら僕は20歳だった。大学生の頃に住んでいた部屋が目の前に広がっている。ベッドの脇に転がっている発泡酒の空き瓶が目に入る。頭がズキズキと痛む。僕は枕元に置いてある携帯を見る。時間は12時。昼だった。

二日酔いの頭を抱え、僕はぼんやりと部屋の中を見渡し、汚いと思った。空の弁当箱が机の上に犇めき、いっぱいになった灰皿からは煙草が零れている。衣服が床を隠しよく分からない何かゴミみたいな物体が部屋の隅に溜まっている。

ああ嫌だ。何もしたくない。重い頭を抱えながら僕はベッドに潜り込む。何もしたくない。何もしたくないのだ。起きていることだって面倒だ。僕は寝る。寝るといっても頭は冴えている。眠れない。寝る、というか横になる。頭が痛い。ムカムカする。ああ面倒だ。本当は分かってる。やらなくちゃいけないことがあるんだ。今日は確か大事な日だった気がする。それだけじゃない。掃除もしなきゃだし電気料金も払わないといけない。DVDも返しに行かなきゃいけない。ああクソ、もういい。寝ろ。寝ろよ早くこの野郎。今は何も考えたくないんだ。寝ろ。寝ろ。寝ろねろねろね炉寝ろネロおrねおろえおんぼろえb

僕は学校にいた。夜中だ。僕のいるゼミ室以外の電気は消えている。誰もいない。僕はレポートを書いている。足音が聞こえた。誰かを呼んだ気がする。ゼミ室に女が入って来て手伝いをしてくれると言った。僕は煙草を吸った。

目が覚めたら21歳だった。僕はポケットに入れたままにして潰れてしまった煙草を吸った。冷蔵庫からビールを取り出し、あてもないままビールだけを飲み干し、僕は部屋を出て行った。そうだ。出て行ったんだ。
スポンサーサイト



過去ログ整理

【日記】


ゆっくりとさよならをとなえる

成長の糧

弱者は語らず、ただ消える

夏の終わりのかたち

スプリングぢ

過ちを、過たないでと過ちながら

季節はもう風邪さ

君を想うが故に、僕は微笑む。

残る男

働けメロス

塵も積もれば山となる。

美味しい話なんてそうそう無いね

心記

約束の重み

過去を振り返らない人間って成長できないと思うんだよね。みたいなこと言うような奴にはなりたくない

論理的に考えた結果、栄誉ある撤退を僕は選んだ。後悔はない、が来週の僕はきっと後悔していることだろう。自分に厳しく!

最近ほ菌はどうしたことか

看護婦のコスプレした彼女が欲しい

朗報は寝て待て。

そこで休憩しませぬか?


【思い出】


外に出て ひとりで話そう

忘年会

いつかのメリークリスマス

まるで花火のよう。

暑さが人を駄目にする

夢と現実の狭間で

雪とだるまとガチャピンと

「初めて」の為に

(´・ω・)


【考察】


それでも街は廻っている

あなたの考え、正しいですか?


【創作物】


その微笑みは

ハロー、あなたに

誘い

第三章:魔法の森で 其ノ壱

第二章:小屋の中で

第一章:迷いの竹林で

序章:幻想入り