FC2ブログ

忘年会

4年程前のこの季節、忘年会と称し貰ったばかりの給料を手に握りしめ博多から中洲へと徒歩で向かった。気分は高揚し上がったテンションのやり場をおっパブに定め、途中何度も走っては息切れしたことを覚えている。中洲に着くと街全体がネオンライトで輝いており、桃源郷に迷い込んだのかと目を疑った。


かくして僕は快楽の園へ足を踏み入れた訳なのだけど、まだ右も左も分からぬまるでチャイルドのような僕は、道で声を掛けている深海でしか生息できないような面を引っ下げたお兄さんにだって救いを求めてしまう。瞬時に光り出す瞳、その眼は正に獲物を見つけた肉食獣のそれ。僕はそのまま深海肉食獣に手を引かれ夜の闇に溶け込んでいった。


薄暗い店内に導かれその道のプロフェッショナルを待つ。気分はすでに最高潮。速まる鼓動、息切れする動悸、反り立つちんぽ。準備は万端だ。どのタイミングでどのような角度で来たって華麗に揉みしだいちゃうぜ!今の僕なら何でも出来る。ややもすれば宇宙飛行士にだってなれるかも!その時の僕は、確かにそう思ったんだ。


「○○美ちゃん5番テーブルに付いて!」キタかッ!ざわめく店内で耳を澄ますこと5分。僕のテーブルは5番。とうとうキタね…「初めまして~○○美です♪」脳裏に響くピンク色のボイス、この声が僕の鼓膜を優しく揺らすだけでイっちゃうこともやぶさかではないぜ!よっしゃ!そうと決まれば善は急げだ!御託はいい!早く揉ませろ!はやる気持ちを抑え込む。まだだ、まだ耐えるんだ。気分はもう最終巻での夜神某のそれ。あくまでも冷静に、そして紳士的に、印象が良ければ仕事終わりに誘われちゃうことだってあるかもしれない。もしもそうであるならば、彼女が僕を求めてくるのであるならば、この身を全て彼女に委ねることもやぶさかではない。


「お隣いいですか~?」ふいに耳元に響くラブ☆ボイス。生きていて良かった。僕は心から神に感謝した。アーメン。しかしここにきてハッと気付く。声は100点中120満点だが、顔は?顔面偏差値はいくらくらいであろうか?あまりの美声とマシマロみたいなおっぱいに気を取られ、まだ女の子の顔面協奏曲にアンサーソングを奏でていないことを思い出した。


薄暗い店内で目を凝らし、今一度顔を覗き込む。風貌はギャル風、目はとろりと垂れ下がっている。股の方は緩そうだ。おっぱいの大きさは…分からん!分からんがでかい!よし!もういい!合格!


すでに緊張をほぐそうとお酒を鯨飲していた僕の中の緊張の二文字は既にアルコールに浸かっていた。今思えばそれがいけなかった。隣に座るおっぱいが叫ぶ「すごーい!お酒強いんですね!」その言葉に僕は気分が良くなるのを実感した。


これまで生きてきてこんなに女の子に褒められたことがあったであろうか。いや、否!断じて否!しかし褒められるというのは存外に気持ちいい。そうか、僕は褒めると伸びるタイプだったのか。


今なら分かる。それはきっとお客さんを気持ちよくさせるプロの気遣い(技)だったのだろうと、しかしまだ若かりし僕にそれを見破る術はなかった。そして多分今もない。その後調子に乗った僕は乳も我も忘れひたすら酒を浴び続けた。


目が覚めると僕は一人、天神は警固公園のトイレの中で便器を抱えて座っていた。昨日貰った筈の給料と、おっぱいを揉んだ記憶は、塵も残さずなくなっていた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

熱い!